西武 ミラクル三重殺!最大11差から18日にも今季初の首位に

[ 2012年8月18日 06:00 ]

<西・楽>6回無死一、二塁、フェルナンデスの飛球を好捕する西武・熊代

パ・リーグ 西武4-1楽天

(8月17日 西武D)
 ミラクル三重殺で守り勝った。西武は17日、楽天戦で2点リードの6回無死一、二塁で、熊代聖人外野手(23)が右翼への大飛球をスーパー好捕。ボールは二塁、一塁と転送され、今季チーム2度目の三重殺が完成した。
【試合結果】

 このプレーが試合を決め、1引き分けを挟んで4連勝。6月7日時点では首位に11ゲーム差の最下位に低迷していたチームの驚異的な逆襲の勢いは衰えず、18日にも今季初の首位に立つ。

 ミラクル快進撃を続けるチームを象徴するビッグプレーだった。今季初のお立ち台で西武・熊代は握った両手を帽子の上に添える“熊のポーズ”で絶叫した。「最高に気持ち良いです。西武鉄道100周年なので鉄道並みに速く走りました」。興奮で声は上ずった。

 その場面は3―1で迎えた6回無死一、二塁。フェルナンデスの右翼への大飛球を熊代が背走しながらジャンピングキャッチした。

 熊代「絶対、捕ったろうと思って、隅々まで体を伸ばした」

 この時、楽天の二塁走者・藤田、一塁走者・銀次は猛然と本塁を目指していた。慌てて戻る2人を尻目に返球されたボールは二塁、一塁と転送される。この日最大のピンチは一瞬にして三重殺でチェンジとなった。

 渡辺監督は「本当に素晴らしい。彼の球際の強さが出た」と目を細めた。前半戦を5位で終えたチームは貯金を今季最多の6とし、18日に西武が勝ち、日本ハムが敗れれば今季初の首位に立つ。「出た選手が持ち味を出してくれる。それが好影響を与えている」。チームの勢いをそう分析した指揮官。首位に最大11ゲーム差の最下位からの驚異的な追い上げをさらに加速させる今季2度目の三重殺だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年8月18日のニュース