浦学の元4番・笹川 2戦連続弾「恩返しは全国制覇」

[ 2012年8月18日 06:00 ]

<聖光学院・浦和学院>3回1死、浦和学院・笹川は左中間ソロを放ちガッツポーズ

第94回全国高校野球選手権2回戦 浦和学院11―4聖光学院

(8月17日 甲子園)
 浦和学院に86年夏以来26年ぶりの3回戦への扉が開いた。「一つの壁だと思っていましたから。選手に感謝したい」。森士(おさむ)監督は感慨深げだった。

 毎回の18安打で11点。ヒーローは元4番の笹川だ。1点リードの3回、1回戦に続く2戦連続アーチを左中間へ打ち込む。あと三塁打が出ればサイクル安打の8回は左前打で、4安打3打点。2試合で10打数7安打6打点の活躍に「いろんな人に支えられたからここで打てた」と言った。

 6月に左手薬指付け根を骨折し、今年センバツの4番から5番に。リハビリ中も加圧トレーニングで筋力を落とさなかった成果が表れた。女手一つで育て、自宅のある茨城から送り出した母・美加さん(40)は「わが子じゃないみたい」と喜んだ。でも、笹川は満足していない。「恩返しは全国制覇です」。進撃は止まりそうにない。

 ▼浦和学院・佐藤(8回に右越えソロ。投げては4失点で完投)ホームランは、2ボールからカウントを直球で取りに来ると思った。投げる方もピンチで負けない精神力をつけようとやってきて、その成果が出せている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年8月18日のニュース