荻野貴「一塁手がいると」…ハム、黒色ユニで幻惑1勝 

[ 2012年8月18日 06:00 ]

<日・ロ>4回2死一、二塁、荻野貴の悪送球で生還した日本ハムの一走・中田(右)は糸井とハイタッチ

パ・リーグ 日本ハム2-1ロッテ

(8月17日 札幌D)
 両軍ベンチ、スタンドが一様に目を疑った。

 日本ハム・栗山監督「思うところはあるけど、それは俺に聞かないでよ…」

 真夏の珍事ともいえるプレーが起きたのは4回2死一、二塁。稲葉の浅い飛球を捕球体勢に入りながらロッテの中堅・荻野貴がまさかの落球。これで二塁走者が生還。さらに一、二塁間にいた稲葉を刺そうと味方のいない一塁に返球し、ボールがファウルゾーンを転々。その間に2人目の走者も生還した。

 その時、ロッテの一塁手・青野はカットプレーに備えてマウンド付近にいた。ならば、なぜ荻野貴は一塁へ投げたのか…。

 荻野貴「やってしまった。一塁手がいると思った」

 青野「荻野がユニホームを見間違えた?そうだと思います」

 この日、日本ハムナインは、選手が過去に試合や練習で使用したユニホームを再利用して作製した「エコユニホーム」を着用して試合に臨んだ。ただ、再原料化の工程でさまざまな色の素材が混じり合い、出来上がりがまだら色になることから黒が基調。これがロッテのビジター用ユニホームと酷似しているとあって、事前の申し入れで今回は札幌ドームの試合にもかかわらずロッテがホーム用のユニホームを着用することになっていた。

 栗山監督も試合前「このユニホームで得点したら、ロッテファンが喜んでくれそうだね」と冗談交じりに話していたが、現実に「錯覚」が起こった。問題の場面では、一塁付近には日本ハムの三木ベースコーチがおり、稲葉に走塁の指示を出して手を挙げていた。同コーチは「もし(ロッテの一塁手と)間違えたのだとしたら申し訳ない。でも、こちらはコーチとしての仕事をしていただけだし…」と複雑な表情を見せた。

 幸運なこの2点だけで逃げ切った日本ハム。一方のロッテはエース成瀬で敗れて3連敗。まさに白と黒のコントラストだった。

 ▼ロッテ・西村監督 最近はこういうミスが目立っている。結局あそこの2点だけ。落球して慌てるところだけれど、もう少し冷静にやっていかなくてはいけない。落球しても周りが見えていないと。

 ▼日本ハム・稲葉 完全に打ち取られた当たり。複雑ですね…。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年8月18日のニュース