試合前からトラブル 星野監督 黒星に「もっと野球に興味持たないといかん」

[ 2012年8月18日 06:00 ]

<西・楽>ベンチで渋い表情を見せる楽天・星野監督

パ・リーグ 楽天1-4西武

(8月17日 西武D)
 楽天は相手を上回る12安打を放ちながら、6回無死一、二塁、7回1死満塁の好機を逃すなど8残塁の拙攻。星野監督は「もっと野球に興味を持たないといかん。仕事なんだから」と嘆いたが、試合前からハプニングに見舞われていた。

 チームは仙台から新幹線で東京駅に降り、立川市内の宿舎に向けて移動中の高速道路でバスが故障。幸い大きな事故とはならなかったが、その場に約1時間の足止めを食らって代替バスに乗り換えた。指揮官は「(バスに乗っていて)バンッて音が聞こえた」と敗戦も加わり疲労感をにじませていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年8月18日のニュース