吉川 初の10勝 制球苦しみ6回110球も粘投

[ 2012年8月18日 06:00 ]

<日・ロ>6回1失点で10勝目を挙げた日本ハム・吉川

パ・リーグ 日本ハム2-1ロッテ

(8月17日 札幌D)
 日本ハム先発の吉川が6回を5安打1失点。制球に苦しみ、110球を費やしたものの初の2桁となる10勝目を手にした。

 自身5年ぶりの完封勝利となった前回11日の西武戦(西武ドーム)から今季2度目の中5日でのマウンドは力みも目立ち「自分でもヒヤヒヤする場面が多かった」と反省しきり。チーム勝ち頭となった6年目左腕に栗山監督は「本当の勝負はこれから」とさらなる飛躍を期待していた。

 ▼日本ハム・宮西(2番手で1回無失点。史上17人目の通算100ホールドポイント)今はやりがいのあるポジション。何とかチームに貢献したいので、100という数字は自分の中で自信になった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年8月18日のニュース