陽耀勲 来日初完封!弟・陽岱鋼の言葉で自信取り戻す

[ 2012年8月18日 06:00 ]

<オ・ソ>プロ初完封を果たし、ファンに手を振るソフトバンク・陽耀勲

パ・リーグ ソフトバンク5-0オリックス

(8月17日 京セラD)
 予想外の快投だった。今季初先発のソフトバンクの台湾人左腕・陽耀勲が、オリックス打線を3安打無四球に封じ、来日初完封だ。

 「めっちゃいい感じ。日本に来て7年目で一番、うれしい」。昨季から続く左肩痛の影響もあり、斉藤投手コーチは「(試合前の)設定は80球だった」と明かす。だが、初回1死二塁をしのぎ波に乗った。最速148キロの直球とスライダーを組み合わせ、7回まで毎回の10奪三振。三塁さえ踏ませず、103球で投げきった。

 2年ぶりの1軍登板だった8日の日本ハム戦(帯広)で実弟・陽岱鋼(ヨウ・ダイカン)と初対戦。初球の146キロを中前打されたが、電話で「いい球だった」と励まされ、左肩痛が戦えるレベルに回復したと実感した。チームは今季7度目の3連勝で5月26日以来の貯金1。駒不足の先発陣に光が差し、追い上げ態勢が整った。

 ▼日本ハム・陽岱鋼 そうみたいですね。僕もうれしい。また対戦することもあると思いますし、今度はホームランを打ちますよ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年8月18日のニュース