明徳義塾 雷雨で2時間15分中断も 10年ぶり8強

[ 2012年8月18日 17:12 ]

第94回全国高校野球選手権大会第10日3回戦 明徳義塾4―0新潟明訓

(8月18日 甲子園)
 第94回全国高校野球選手権大会第10日は18日、甲子園球場で3回戦を行い、第3試合の新潟明訓(新潟)と明徳義塾(高知)は、4―0で明徳が快勝。全国制覇した02年以来、10年ぶりの8強進出を勝ち取った。

 試合は7回表2死の後、激しい雷雨のため2時間15分中断した。

 明徳は3安打4四死球で一挙4点を奪い試合を優位に進め、中断後も危なげなく守りきった。

 新潟明訓はわずか2安打に終わり、力を発揮できぬまま敗退した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年8月18日のニュース