奈良産大 1年生左腕の庄司が完投し5大会連続初戦突破

[ 2012年6月13日 06:00 ]

<奈良産大・福岡大>3失点ながらも完投勝利を飾った奈良産大の1年生・庄司。ぬかるんだマウンドで力投する

全日本大学野球選手権第1日 奈良産大5-3福岡大

(6月12日 神宮)
 1年生左腕・庄司が奈良産大を出場5大会連続の初戦突破に導いた。

 完封目前の9回2死から3ランを浴びたが、6安打完投。雨が降りしきり、ボールが滑りやすい条件下で「いつもより丁寧に投げることを心掛けました」。130キロ前後の直球とスライダーを主体に、制球重視の投球で凡打の山を築いた。三木孝広監督は「彼がいなかったら、僕はここに立っていませんよ」と、リーグ戦で3勝を挙げた孝行息子を称えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2012年6月13日のニュース