不調のマートンにメンタルケア「技術より気持ち」

[ 2012年6月13日 06:00 ]

東京に向け移動するマートンは、カメラに向かってポーズ

 阪神の和田監督が、マートンの復帰へ向けて面談などのメンタルケアを行っていく。「心技体、スランプはいろいろある。技術より、そこ(気持ち)だよね。面談?一番いい方法を探しながらやっていきます」。

 マートンは9日のオリックス戦(甲子園)後、「アイ・ドント・ライク・能見さん」などと発言。球団から注意を受けるなど物議を醸した。指揮官は「現場では一切問題にしていない」としたが、助っ人はここ2試合スタメン落ち。即先発復帰はなく、和田監督は「一日も早く元気になってほしいけど、吹っ切れないままやるのは良くないから」とした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2012年6月13日のニュース