母校活躍が刺激 八戸大・川越3安打でコールド勝ち貢献

[ 2012年6月13日 06:00 ]

<八戸大・岡山商科大>3回裏1死二塁(八)左前タイムリー安打を放つ川越

全日本大学野球選手権第1日 八戸大8-1岡山商大

(6月12日 東京ドーム)
 八戸大の2番・川越が3安打2打点をマークし、コールド勝ちに貢献した。初回に右翼線二塁打で出塁し先制のホームを踏むと、3、5回には連続適時打。「いい緊張感を持っていけました。(3安打は)たまたまです」。

 母校の光星学院は昨夏、今春と2季連続で甲子園準優勝しており「刺激になりますね」と発奮材料としていた。2回戦ではプロ注目の右腕、東浜を擁する亜大と激突。正村公弘監督は「東浜が投げてくるだろうし、積極的にいくだけ」と次戦に目を向けた。

 ▼岡山商大・仁科昭宣監督(コールド負けに)自分の責任。選手は責められない。秋までに(全国で)通用するチームをつくるしかない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2012年6月13日のニュース