「真っすぐの感覚戻ってきた」チェン 速球で押して6勝目

[ 2012年6月13日 17:17 ]

パイレーツ戦に先発し、6回1/3を4失点のオリオールズのチェン

インターリーグ オリオールズ8―6パイレーツ

(6月12日 ボルチモア)
 中日からオリオールズに移籍したチェンは12日、ボルチモアでのパイレーツ戦に先発し、6回1/3を8安打4失点で6勝目(2敗)を挙げた。

 1回は2死から適時打を浴びたが、次打者を見逃し三振に仕留めてリズムをつかんだ。抜群の制球で速球を両コーナーの低めに集め、4三振は見逃しで奪った。「真っすぐが本来の感覚に戻ってきた」と手応えを口にしたチェン。防御率3・68でダルビッシュらと新人王争いをリードしているが、「自分を新人とは思っていない」と頼もしかった。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2012年6月13日のニュース