斎藤「今一番強いチーム」巨人戦初登板へワクワク

[ 2012年6月13日 06:00 ]

13日の巨人戦で6勝目を目指す日本ハム・斎藤は、名古屋から空路札幌へ移動

 公式戦での巨人戦初登板を前に、日本ハム・斎藤は心を躍らせた。

 「今、一番強いチーム。そういうチームに投げられるのは楽しみだし幸せ。勝ちたいですね。シーズンを通したら内容も大事だけど、勝つことを優先したい」

 群馬県出身の右腕にとって、幼少期からテレビをつければ巨人の試合が流れていた。だからこそ、感慨もひとしお。まして昨年は右脇腹痛で交流戦で登板する機会はなかっただけになおさらだ。

 自らの快投で初戦を取って巨人戦を連勝すれば、残り3試合の相手は交流戦で低迷するヤクルトとDeNAだけに逆転優勝の芽も出てくる。この日、名古屋から空路札幌入りした斎藤は、交流戦で12球団トップの19本塁打を放っている巨人打線について「切れ目なく、どこからでも本塁打を打てる。四球は仕方ないけど、逃げ腰にならないように」と向かっていく姿勢を強調。シーズン前から「一つの目安」と位置づけていたルーキーイヤーの昨季に並ぶ6勝目へ、相手に不足はない。

 ▽斎藤の11年オープン戦巨人戦登板(3月6日、札幌ドーム)
 0―0の6回から3番手で登板。ベンチスタートの主力打者を、斎藤に合わせて次々に途中出場させた巨人に対し、斎藤は7回先頭の坂本を中飛に打ち取るなど、3イニングを2安打無四球無失点。日本ハムが8回に決勝点を奪い、オープン戦3試合目の登板で、初勝利を挙げた。斎藤は「オープン戦とはいえ(初勝利は)うれしいです。(巨人の打者は)みんな雰囲気があって怖かった」と初々しくコメントした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2012年6月13日のニュース