石橋が決めた 昨秋準Vの愛知学院大が初戦突破

[ 2012年6月13日 06:00 ]

<愛知学院大・上武大>7回1死二、三塁、愛知学院大・石橋が勝ち越しの中前2点適時打を放つ

全日本大学野球選手権第1日 愛知学院大3-1上武大

(6月12日 東京ドーム)
 昨年の明治神宮大会決勝で明大に敗れ、準優勝に終わった愛知学院大が、出直しの1勝を挙げた。

 同点の7回1死二、三塁から決勝打となる2点タイムリーを放った石橋は「来た球を強く叩こうと思った。いい結果になって良かった。昨年の秋は悔しい思いをしたので」と喜んだ。伊藤孝真監督は「予想通りに苦しい展開だった。石橋はやってくれましたね」と振り返った。

 ▼上武大・谷口英規監督(6回に)同点に追い付いた後に、逆転しないと流れは来ない。あそこで何とかしたかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2012年6月13日のニュース