早大、亜大が8強 全日本大学野球選手権第2日

[ 2012年6月13日 18:25 ]

 全日本大学野球選手権第2日は13日、神宮球場と東京ドームで行われ、2回戦で早大(東京六大学)亜大(東都)九州共立大(福岡六大学)創価大(東京新大学)が勝ち、準々決勝に進んだ。龍谷大(関西六大学)東日本国際大(南東北)大体大(阪神)は1回戦を突破。

 早大は1年生吉永の好投で福井工大(北陸)に7―0の七回コールドゲーム勝ち。亜大は東浜が完投し、八戸大(北東北)を4―2で下した。九州共立大は昨年のワールドカップ(W杯)代表に大学生でただ一人選ばれた川満が完封し、広島経大(広島六大学)を2―0で退けた。創価大は道都大(札幌)に3―0で快勝した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2012年6月13日のニュース