福留 打撃練習再開も慎重「多少怖さはある」

[ 2012年6月13日 11:00 ]

 右脇腹を痛めて故障者リスト入りしているホワイトソックスの福留は遠征先のセントルイスで打撃練習を再開した。

 室内練習場で打ち込むと、チームの試合前練習中には外野守備にも就いた。「バットを振りに行く時に多少、怖さはある。(患部が)固まっているので、これから徐々にほぐしていかなきゃならない」と慎重。週明けには復帰の予定だが「状態としては、まだまだ」と話した。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2012年6月13日のニュース