安藤、打球直撃で病院へ 4月19日を最後に勝ち星なし…

[ 2012年6月13日 22:35 ]

4回、西武・ヘルマンの打球を受け、マウンドでうずくまる阪神先発の安藤(右端)

交流戦 阪神0―2西武

(6月13日 西武D)
 阪神の安藤は4回、ヘルマンの強烈な打球が右脛を直撃し、両脇を抱えられながらの降板となった。患部にはテーピングを施して試合中に病院へ向かったが、球団によると今後もチームに同行することから、大事には至らなかったようだ。

 中村、秋山の連続本塁打で2失点した直後のアクシデント。「打線のいいチーム。当たってきているのは確か」と警戒していたが、長打を防げなかった。これで4月19日を最後に勝ち星から見放されている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年6月13日のニュース