福井工大の小兵左腕・梅沢「真っスラ」武器に好救援

[ 2012年6月13日 06:00 ]

<西日本工大・福井工大>5回を4被安打1失点で勝利投手になった福井工大2番手・梅沢

全日本大学野球選手権第1日 福井工大5-3西日本工大

(6月12日 東京ドーム)
 1メートル64の小兵左腕・梅沢が、福井工大を06年以来6年ぶりの初戦突破に導いた。

 同点の5回無死二、三塁からマウンドに上がり、5回4安打1失点。スライダー回転の直球「真っスラ」を武器に凡打の山を築き「リーグ戦から緊迫した場面で投げさせてもらっていたので、自信を持っていきました」。継投がはまった下野博樹監督は「予想以上の投球だった」と称えていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2012年6月13日のニュース