東北福祉大・永田が逆転3ラン&レーザービーム締め

[ 2012年6月13日 06:00 ]

<東北福祉大・関東学院大>8回2死一、二塁、東北福祉大・永田が左中間へ逆転3ランを放つ

全日本大学野球選手権第1日 東北福祉大3-1関東学院大

(6月12日 東京ドーム)
 最後はレーザービームで試合を締めくくった。2点差の9回2死一塁。右前打を処理した東北福祉大の永田は、三塁を狙った一塁走者をダイレクト返球で刺した。遠投120メートルの強肩を披露し「最初から刺してやろうという気持ちでした」と表情を崩した。

 その直前には、起死回生の一打を放った。1点を追う8回2死一、二塁。そこまで3安打と苦しめられていた中野の直球を左翼席へ逆転3ランを叩き込んだ。「流れを変えられる一打を意識して、一発しか狙っていなかった」。今春リーグ戦では打率・429で首位打者を獲得したが、12安打は全て単打。花咲徳栄時代は通算15本塁打も、大学では初アーチだった。

 山路哲生監督は「首位打者を獲ってそのままの調子。波に乗ってほしい」と手放しで褒めた。04年以来8年ぶりの頂点へ、最高の形でスタートを切った。

 ▼関東学院大・中野(7回まで2安打無失点も8回に逆転3ランを被弾)調子が良くて、今までにない投球だった。あれ(失投)を忘れないで、秋には優勝を目指したい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2012年6月13日のニュース