枡田、送球難克服へブルペン入り 投手コーチから助言も

[ 2012年6月13日 06:00 ]

 打撃で売り出し中の楽天・枡田が、送球難を克服するためにKスタ宮城の練習でブルペン入り。佐藤投手コーチ、鈴木内野守備走塁コーチが見守る前で50球を投げ込んだ。

 故障で2軍調整中の松井に代わって5月中旬から遊撃を任され、打撃は打率・340、2本塁打ながら守備では8失策。佐藤コーチから「肘を上げて、前で腕を大きく振れ」と助言を受けた24歳は「最初は普通に投球して、途中から動きも入れて投げた。ありがたいです」と感謝しきりだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2012年6月13日のニュース