ケンプ最多得票、日本選手はランクインなし ナ球宴中間発表

[ 2012年6月13日 09:40 ]

 米大リーグは12日、オールスター戦(7月10日・カンザスシティー)のファン投票のナ・リーグ第2回中間結果を発表し、外野手のケンプ(ドジャース)が258万9464票を集め、第1回発表に続きリーグ最多得票だった。日本選手は発表された順位までに入っていない。

 捕手部門ではポージー(ジャイアンツ)がモリーナ(カージナルス)を逆転してトップに立った。三塁手ではライト(メッツ)がトップだが、上位4人が約30万票差で争っている。

 ファン投票で選出された野手(外野手は3人)がオールスター戦で先発出場する。投手は投票の対象外で、最終結果は7月1日に発表される。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年6月13日のニュース