青木 連続試合安打「5」でストップ 「こういう時もある」

[ 2012年6月13日 12:20 ]

ロイヤルズ戦の4回、死球を受けるブルワーズ・青木

インターリーグ ブルワーズ1―2ロイヤルズ

(6月12日 カンザスシティー)
 ブルワーズの青木は12日、ロイヤルズ戦に「2番・右翼」で出場。3打数無安打で、連続試合安打は5で途切れた。内容は一ゴロ、死球、一ゴロ、一ゴロで打率2割9分3厘。チームは1―2で敗れた。

 青木は「もう1本ぐらい欲しかったけど。しょうがない。こういう時もある」と気持ちの切り替えた。凡打は全て一ゴロ。特に変化球を引っ掛けた3、4打席目が不満げな様子で「ちょっと打ち損じみたいなところもあった。(相手は)いいところに決まってはいるけど」と悔やんだ。4回に投球を受けた左足甲については「大丈夫、大丈夫」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2012年6月13日のニュース