カブス新監督にブルワーズの打撃コーチが就任

[ 2011年11月19日 06:00 ]

 カブスは新監督にブルワーズで打撃コーチを務めていたデール・スウェイム氏(47)の就任を発表した。契約は3年。

 現役時代は遊撃手としてブルワーズ、パイレーツなどでプレー。メジャー通算12年間で打率・236、69本塁打、340打点をマークした。引退後は指導者に転身し、ブ軍コーチ時代の08年には、解任されたネド・ヨースト監督の代行を務め、ポストシーズンでも指揮を執った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年11月19日のニュース