秋山監督は「何はともあれ、あしたが最後」

[ 2011年11月19日 21:55 ]

日本シリーズ第6戦 ソフトバンク1-2中日

(11月19日 ヤフードーム)
 3勝2敗の王手で迎えた第6戦、ソフトバンクの秋山監督は5番・指名打者で松中を先発メンバーに入れた。だが、3打数無安打。走者を置いて2度回ってきた好機をつなげることはできなかった。

 逆王手をかけられ、3勝3敗で勝負は最終戦へ。秋山監督は試合終了直後には「何はともあれ、あしたが最後。それだけや」とだけ語ったが、その後気持ちを落ち着かせ「あしたは総決算。最後の最後の総力戦だ。集中してやるだけだよ。ここまできてどうこうじゃない。あとは気持ち」と、自らに言い聞かすように話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年11月19日のニュース