巨人 清武氏を電撃解任&“追放”「他の職務も切った」

[ 2011年11月19日 06:00 ]

球団事務所を出た清武氏は、車から出て報道陣に対応する

 コーチ人事などをめぐって内部対立が表面化している巨人は18日、渡辺恒雄球団会長(85)を批判した清武英利球団代表兼ゼネラルマネジャー(GM=61)を電撃解任した。同日行われた読売グループ本社の臨時取締役会で決議され、球団臨時取締役会を経て本人に通告した。桃井恒和オーナー兼球団社長(64)はオーナー職を外れ、読売新聞東京本社社長などを務める白石興二郎氏(65)をオーナーとする新人事も発表。清武前代表は解任の処分を不当として法的措置をとる構えを示した。

 11日の内紛勃発から1週間。事態は大きく動いた。午後4時33分。東京・大手町の球団事務所で桃井球団社長が記者会見を開き、清武球団代表の解任を発表した。

 「取締役を解任しただけじゃなくて、ほかの職務も切りましたので。はっきり言えば巨人軍に出入りするのも、この施設に出入りするのも許可なくしては入れないという状態になります」。桃井社長は50人を超える報道陣ですし詰め状態になった一室で「取締役の解任等について」という3枚の書類を読み上げた。

 11日の清武前代表の告発会見後、渡辺球団会長は12日の反論の談話で「本人の反省次第であり、現時点ではただちに処分を求めるつもりはありません」としていたが、騒動から1週間。「反省の態度を示すどころか、逆に当社に対する敵対姿勢を強めている」として、電撃解任という処分に行き着いた。桃井社長も「きょうの結論というのは私も渡辺主筆とも、あるいは今度オーナーになった白石グループ本社社長とも繰り返し協議を重ねてきた」と渡辺会長の意向が強く反映されていることを示した。

 日本シリーズ中に勃発した伝統球団の内紛。球団側は電撃解任という形で事態の収束を図ったが、清武前代表側は今回の処分について日本シリーズ後に法的措置をとることを示唆している。騒動はまだ収まる気配を見せない。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年11月19日のニュース