目指すは104年ぶりWシリーズ制覇 カブス新監督「過去は関係ない」

[ 2011年11月19日 11:19 ]

 米大リーグのカブスは18日、本拠地シカゴのリグリー・フィールドで3年契約を結んだスウェイム新監督の就任記者会見を行い、同監督は「自分のやるべきことをやる。過去は関係ない」と、1908年以来遠ざかっているワールドシリーズ制覇への意気込みを語った。

 現役時代はメジャーで通算12年プレーし、ラルーサ、トーリ、リーランドら名将の影響を受けた。ブルワーズ前打撃コーチからカブスの監督に抜てきされ「とにかく選手をやる気にさせる」と理想像を描いた。(AP=共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年11月19日のニュース