臨時取締役会で解任決議…その時、清武氏は契約更改交渉中だった

[ 2011年11月19日 08:41 ]

球団事務所を出た清武氏は、車から出て報道陣に対応する

 コーチ人事などをめぐって内部対立が表面化している巨人は18日、渡辺恒雄球団会長(85)を批判した清武英利球団代表兼ゼネラルマネジャー(GM=61)を電撃解任した。

 清武代表はこの日、午後1時から大村とFA交渉をスタート。午後2時からは藤井と契約更改交渉に臨んでいた。まさにその時間。東京・東銀座の読売新聞本社で午後2時から行われたグループ本社の臨時取締役会で、清武代表の解任が決議された。その後の球団臨時取締役会で原沢新球団代表兼GMの就任を決め、桃井社長は午後3時40分、球団事務所で清武代表に解任を通告。同代表は「分かりました」とだけ答えたという。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年11月19日のニュース