大村FA行使しロッテ復帰 鶴岡もFAで他球団へ

[ 2011年11月19日 06:00 ]

会見を行った大村。FA権を行使してロッテ移籍が濃厚となった

 巨人の大村がFA権を行使して古巣のロッテへ移籍することが濃厚となった。球団との交渉で慰留を受けたが「せっかくの権利。いろいろ話を聞いてみたいというのはある。ロッテ?ないといえばウソになるけど、11球団あるわけでいろんな話を聞いてみたい」と語った。

 サブローの登録名でロッテの主軸を務めていたが、今年6月に工藤との交換トレードで移籍。巨人では48試合で打率・243、1本塁打に終わっていた。ロッテの重光昭夫オーナー代行(56)は個人名こそ伏せたが「今年出て行った人で呼び戻せる人は呼び戻したい」と話していたことから、獲得に動く可能性は高い。

 また、FA権行使の意向を球団に伝えた鶴岡も他球団への移籍は決定的。横浜、楽天など数球団が名乗りを上げるとみられ、FAで複数選手が他球団へ流出する球団史上初の危機に見舞われた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年11月19日のニュース