ドジャース史上最高!主砲ケンプが8年123億円契約

[ 2011年11月19日 09:11 ]

球団史上最高となる総額1億6千万ドル(約123億円)の8年契約を結び、記者会見でガッツポーズをするドジャースのケンプ外野手

 米大リーグのドジャースは18日、主砲のケンプ外野手と8年契約を結んだと発表した。AP通信によると、球団史上最高の総額1億6千万ドル(約123億円)で、大リーグ史上7位タイの高額契約。

 27歳のケンプは、メジャー6年目の今季、39本塁打、126打点を記録してナ・リーグで2冠に輝き、打率も3位の3割2分4厘と活躍した。同日、ドジャースタジアムで記者会見を開き「ドジャースで野球人生を全うするつもりだ。来年はもっといい数字を残したい」と気持ちを新たにした。

 同外野手は22日(日本時間23日)に発表されるリーグ最優秀選手の候補に挙がっている。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年11月19日のニュース