高橋信が移籍志願「新しい環境でやりたい」

[ 2011年11月19日 06:00 ]

 巨人の高橋信二内野手(33)が、早ければ19日にもFA、自由契約を含めた移籍志願を球団へ申し出る可能性が出てきた。高橋信は今年5月に金銭トレードで日本ハムから移籍。27試合で打率・182、0本塁打とレギュラーに定着した03年以降最低の成績に終わった。

 2度のFA交渉で球団から慰留はあったが結論を保留。親しい関係者には「巨人には獲ってもらった恩があるし貢献できなかったことは申し訳ない。ただ残りの野球人生を考えたときに出場機会を求めて新しい環境でやりたい。いろいろな形を考えている」と漏らしているという。高橋信のFA権はBランクで、権利を行使すれば獲得球団に人的補償が発生する。移籍のハードルが高くなるため、自由契約の選択肢も探っていく。

 09年には日本ハムの4番で打率・309、75打点をマーク。リーグ優勝に貢献した。広角に打てる技術と長打を兼ね備えた右の強打者は球界でも少なく、流出となれば数球団による争奪戦の可能性は高い。戦力の流出は、非常事態の球団にとって痛手となりそうだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年11月19日のニュース