“最後の仕事”現体制で契約更改「やるのが当然」

[ 2011年11月19日 06:00 ]

 横浜の契約更改交渉は現体制で行う最後の仕事となる。

 横浜の球団買収を決めているDeNAの正式承認が迫る中、川元明編成部長は「今季の査定はこちらでやってきたわけだし、契約更改もこちらでやるのが当然でしょう」と説明。移籍を前提にしたFA宣言を決意している村田を含め、既に下交渉を行っており、同部長らが中心となって選手と来季の契約を結ぶ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年11月19日のニュース