巨人・原沢新代表がチームに謝罪 原監督と意見交換

[ 2011年11月19日 18:49 ]

 コーチ人事をめぐる内部対立が表面化したプロ野球巨人で、解任された清武英利前球団代表に代わり就任した原沢敦代表が19日、宮崎市で秋季キャンプを行っているチームを訪れ、混乱を招いたことを謝罪した。原監督とは、編成方針などについて意見交換した。

 原沢代表は「日本シリーズのさなかに混乱を招いたことを謝罪し、新しい体制がスタートしたので、安心して練習に取り組んでほしいと伝えた」と説明。補強などのチーム編成に関しては「ジャイアンツには優秀なスタッフがいる。そういう方の意見を聞いてつくっていくものだと思う」と、協調性を重視する方針を示した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年11月19日のニュース