巨人来季編成白紙…電撃解任 清武前代表は引き継ぎさえできず

[ 2011年11月19日 09:17 ]

秋季キャンプの練習を見守る原監督

 巨人・清武球団代表兼GMの電撃解任の一報を受けた原監督は「チームも来季に向けて強いチームづくりをすることと、ジャイアンツファンに喜んでもらおうということに一点、集中することをさらにきょう誓います」と前向きに語った。

 ただし、現場を預かる指揮官にとっても不安は消えない。桃井球団社長は会見で今オフの補強について「今まで清武がやってきた編成作業はいったんは白紙に戻さないといけない」と述べ、原沢敦新GMの下で最初からやり直すことを明言した。ソフトバンク・杉内をはじめとするFA選手の調査やパドレス・ハーミダら新外国人選手のリストアップは清武前代表が進めてきたが、引き継ぎ作業すらできない電撃解任。日本シリーズ終了後にも本格化する補強戦線で出遅れるのは必至の状況だ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年11月19日のニュース