大島、全得点に絡む「けがで迷惑を掛けた分、これから…」

[ 2011年8月19日 22:39 ]

セ・リーグ 中日2―1広島

(8月19日 ナゴヤD)
 「2番・中堅」で先発した大島が、決勝打を含む2安打1打点に1得点と起用に応えた。

 先制された直後の4回は左翼線二塁打で出塁し、和田の三塁打で同点のホームを踏んだ。8回、下位打線でつくった2死三塁の勝ち越し機では「吉見さんが送りバントを決めてくれた時点で、自分に回ってこいと思っていた。うまく反応できた」と、右前にはじき返して均衡を破った。

 走攻守で持ち味を発揮した2年目の大島は「けがで迷惑を掛けた分、これから取り返していきたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月19日のニュース