あえて主砲にバント 日大三 1点をどん欲に取りに行く野球が大量点に

[ 2011年8月19日 15:03 ]

第93回全国高校野球選手権準決勝 日大三14―4関西

(8月19日 甲子園)
 日大三の強さがここにある、といった送りバントだった。

 5点リードの8回、無死一、二塁で3番畔上に回ってきたところで、小倉監督は犠打を命じた。先制打を放った主砲に送らせてでも、確実にリードを広げようとする手堅い作戦は、甲子園の怖さを熟知した小倉監督らしいサインだった。

 打線の核である主将の犠打でチームは燃えた。4番横尾の左前2点適時打、5番高山の2点本塁打と続き、結局5連打で5点を奪った。3点を返し、反撃ムードが充満していた関西はこれで完全に息の根を止められた。

 1点をどん欲に取りに行く野球が大量点にも結びつく。優勝候補・日大三はいつもの自分たちの野球のまま、決勝戦に臨む。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月19日のニュース