3発目!光星学院 川上 弾丸ライナーに静まり返った甲子園

[ 2011年8月19日 12:03 ]

<作新学院・光星学院>8回裏光星学院2死、川上が左翼ポール直撃の本塁打を放つ。捕手山下

第93回全国高校野球選手権準決勝 光星学院5―0作新学院

(8月19日 甲子園)
 作新学院の左翼・内藤が一歩も動けず、ただぼう然と頭上を越える打球を見送るしかなかった。

 8回、光星学院の3番川上の一撃は弾丸ライナーの大会22号本塁打。試合を決定付ける一発に、甲子園は一瞬シーンと静まり返り、その後わき上がるような歓声が上がった。

 2回戦の専大玉名戦ではランニング本塁打を含む2発。これで自身甲子園3本目。予選でも1本打っており、今夏4発。

 守っても雨天中断後の中堅への大飛球を好捕。抜けていけば1点を奪われ、流れが変わりかねない場面だっただけに、完封したエースの秋田も「あれで助かった」と川上に感謝することしきりだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月19日のニュース