村中は7回2失点で3敗目「「先頭に四球を出したのが…」

[ 2011年8月19日 22:37 ]

セ・リーグ ヤクルト2―3巨人

(8月19日 東京D)
 ヤクルト先発の村中は立ち上がりの失点が痛かった。一回に先頭の坂本に四球を与えると、犠打を決められ1死二塁。続く長野には中前にはじき返され、8球で先制点を献上した。「先頭に四球を出したのが駄目だった」と反省しきりだった。

 3回以降は無安打に抑えて7回2失点にまとめたが、自身3連敗で黒星が先行。「試合が後手に回る展開をつくってしまい、申し訳ない」と悔やんだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月19日のニュース