「きつかった」畔上主将 復調きっかけ2点打!

[ 2011年8月19日 06:00 ]

<日大三・習志野>9回2死二、三塁、畔上が左中間へ2点二塁打を放つ

第93回全国高校選手権大会準々決勝 日大三5―0習志野

(8月18日 甲子園)
 ここまでの3試合で打率・091と不振だった日大三3番・畔上(あぜがみ)が、復調のきっかけとなる一打を放った。

 3―0の9回2死二、三塁から左中間を破るダメ押しの2点打。責任感の強い主将は「自分が引っ張らないといけないのに打てなくて本当にきつかったです」と正直な気持ちを吐き出した。初回にも内野安打を放ち計2安打。9回の適時打がチームの4試合連続2桁安打となる10本目となり「この勝ちは次につながる」と喜んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月19日のニュース