飯野が投打にフル回転 痛みこらえチーム鼓舞

[ 2011年8月19日 06:00 ]

<智弁学園・作新学院>力投する作新学院・飯野

第93回全国高校選手権大会準々決勝 作新学院7―6智弁学園

(8月18日 甲子園)
 手負いのファイター、作新学院・飯野が投打にフル回転した。16日の3回戦(八幡商)で左上歯茎部分を骨折し、歯8本をワイヤで固定して4番・一塁で出場。「絶対に諦めない気持ちだった」

 打っては2本の左前打を放ち、投げては2年生エース大谷の降板後、6回途中からリリーフ。一度降板して8回から再登板して2イニングを抑えた。元エースの奮闘に板崎主将は「痛いのに表情に出さない。あれで盛り上がった」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月19日のニュース