広島中継ぎ陣奮闘で3位!野村監督100勝

[ 2011年8月19日 06:00 ]

<神・広>阪神に3連勝してナインを迎える野村監督

セ・リーグ 広島5―4阪神

(8月18日 京セラD)
 総力の勝利だった。広島は先発ジオの後を受けた計5投手がわずか1失点。接戦を競り勝つ要因となったリリーフ陣の踏ん張りに、指揮官として通算100勝目を手にした野村監督も「この2試合、中継ぎ陣が本当に奮闘してくれた」と最大限の賛辞を贈った。

 早々とスクランブルが発令された。指揮官は先発投手を3回3失点で見切ると、同点の4回から岸本を起用。岸本が2回をパーフェクトに封じて流れをつくり、勝ち越し点を失った直後の7回1死一塁からは前日に2回を投じた梅津を4番手として投入した。サイドハンドが代打マートンを遊ゴロ併殺にしとめて失点を最小限にとどめ、味方の逆転を呼んだ。

 2日連続の勝ち星を得た梅津は「目の前のアウトを取ろうと思って投げました」と無心を強調した。8、9回も青木、サファテがともに3人ずつで終えて阪神3タテ。赤ヘルの命綱は太く、頼もしい。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月19日のニュース