悔やまれる関西の守備の乱れ 接戦一転 10点差ゲームに

[ 2011年8月19日 14:42 ]

日大三戦に先発した関西・堅田

第93回全国高校野球選手権準決勝 関西4―14日大三

(8月19日 甲子園)
 4試合連続2ケタ安打の打線を1点抑えていた左腕が、終盤力勝負に出たところを日大三は見逃さなかった。

 春の選抜で東海大相模(神奈川)に1―9と大敗した後、エースナンバーをはく奪された関西・堅田は、その悔しさをぶつけるかのように日大三を6回まで5安打1点に抑えた。左打者の外角に決まるスライダーがさえ、甲子園通算30勝の日大三・小倉監督も渋い表情だったが、7回に入りストレートで押したところ、ピンチを招き、金子に右前適時打を打たれ、均衡が破れた。

 しかし、流れが大きく変わったのは次のプレーだった。関西は堅田から水原に投手を交代した直後、3番畔上の強烈な二ゴロを捕球したものの、本塁へ悪送球すると、放心したかのように1イニング8失点。8回に3点を入れ反撃したものの、その裏に外野守備の乱れもあって、取った分より多い5点を奪われた。

 日大三の5試合連続2ケタ安打の強打線がクローズアップされるが、関西の守備の乱れによって予想以上の大差のゲームになってしまった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月19日のニュース