松坂 術後順調でキャッチボール早期再開も

[ 2011年8月19日 06:00 ]

球団施設でランニングするレッドソックス・松坂

 6月10日に右肘の腱移植手術を受けたレッドソックス・松坂が、キャンプ地のフロリダ州フォートマイヤーズの球団施設でリハビリ状況を明かした。

 術後2カ月が経過したが、現在はランニングやウエートトレーニングが中心。「試合の調整をする必要がない分、キャンプよりきつい。扱いが20歳前後の子のよう」。術後4カ月が目安とされるキャッチボールの再開については「順調に来ているので、それよりは早いと思う」と見通しを語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月19日のニュース