ヤクルトのジャイアン 性格は逆?「人前では恥ずかしくて歌えません」

[ 2011年8月19日 09:06 ]

セ・リーグ ヤクルト2―0横浜

(8月18日 神宮)
 18日の横浜戦で5回2/3を4安打無失点に抑え、3年目でプロ初勝利を挙げたヤクルトの赤川克紀(あかがわ・かつき)投手。1990年(平2)7月31日、宮崎市生まれの21歳で、ヤクルト入団後、体格と愛くるしい顔立ちから「ジャイアン」のあだ名をつけられた。

 大塚小2年からソフトボールを始め、大塚中では軟式野球。ポジションは中学まで主に一塁で投手を兼任した。宮崎商では3年夏の甲子園に同校では39年ぶりに出場。1回戦の城北(熊本)戦で白星を挙げた。08年ドラフト1位でヤクルト入団。昨季までの2年間の1軍成績は2試合に登板し0勝1敗、防御率11・81。1メートル84、92キロ。左投げ左打ち。

 あだ名はジャイアンだが、「人前では恥ずかしくて(カラオケは)歌えません」と性格は「本家」とは真逆で温厚。記念球は宮崎の両親に贈る予定だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月19日のニュース