星孝 完投アシスト「田舎者同士で粘れました」

[ 2011年8月19日 06:00 ]

<西・楽14>お立ち台で笑顔を見せる(左から)マルハーン、菊池、星孝

パ・リーグ 西武6―1楽天

(8月18日 西武D)
 宮城県出身の西武・星孝が、攻守でチームに貢献した。「みちのくコンビ」で菊池のプロ初完投勝利をアシストし「ファームから組んでいますけど、投げる度に成長している。田舎者同士で粘れました」とお立ち台で笑った。

 打撃では6回に中前適時打を放ち貴重な追加点を叩きだし、直後には二盗も決めた。「実は足が速いんです。これからも頑張ります」と充実の表情だった。

 ▼西武・マルハーン(初回2死満塁から走者一掃の左中間二塁打)2ストライクだったので、フェアゾーンに打とうと思っていた。素晴らしいチームメートと楽しんでいるよ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月19日のニュース