ドラ6位・熊代 初スタメンで能見から2安打

[ 2011年6月12日 06:00 ]

交流戦 西武0―4阪神

(6月11日 西武D)
 西武はドラフト6位の熊代が「9番・左翼」でプロ初のスタメン出場。3回1死から右前にポトリと落ちるプロ初安打を放って盗塁も記録し、5回は左前打をマークした。

 持ち味の俊足巧打を発揮して能見からチーム安打数の半分となる2安打を放った22歳は「3回は“落ちてくれ”と思って走った。僕らしいヒットです」と笑顔。渡辺監督も「必死さが伝わってくる感じ」と評価した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年6月12日のニュース