中日 8回に逆転で岩瀬にお膳立て!

[ 2011年6月12日 18:29 ]

セパ交流戦 中日5―2楽天

(6月12日 Kスタ宮城)
 中日は打線が1―2の8回に逆転し、岩瀬の286セーブ達成をお膳立てした。

 2死走者なしから、3連続四球で満塁とし、野本が直球を中前にはじき返して2点を奪い、さらに代打の小池の三塁打で2点を追加した。

 試合をひっくり返し、3点リードで守護神の出番をつくった。殊勲の野本は「みんながつないでくれたので、何とか後ろにつなごうと思った」と振り返った。

 ▽中日・浅尾拓也投手の話 すごい記録。これからも、誰にも抜かれない記録をつくってほしい。

 ▽中日・前田章宏捕手の話 ちょっとでも岩瀬さんの歴史に貢献できればいいと思った。真っすぐもスライダーも切れて、何でも勝負できる感じだった。

 ▽ヤクルト・宮本慎也内野手の話 毎年コンスタントに活躍して本当にすごい。うち(ヤクルト)から以外で、300セーブはいってほしい。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年6月12日のニュース