「まだ、興奮」ドラ1・伊志嶺初本塁打!ロッテ連勝

[ 2011年6月12日 16:17 ]

沖縄のビールの宣伝のために訪れていた“オリオンガール”に囲まれ、表情を緩める決勝3ランを放ったロッテ・伊志嶺

セパ交流戦 ロッテ5―2広島

(6月12日 QVCマリン)
 ロッテが2連勝。2―2の7回1死一、三塁で、新人の伊志嶺がプロ1号となる勝ち越し3ランを左越えに運んだ。

 伊志嶺はベンチに戻っても「今日は最高のホームランが打てました。本当に最高です。まだ、興奮しています」と顔を上気させた。 1死一、三塁の好機で、ボールが3球続いた。並の新人なら1球は待つところだが、伊志嶺は「全然、迷いはなかった。次のボールを振ろうと決めていた」。甘く入った直球をフルスイングし、左翼席へと運んだ。「本当に感触が良かった。完璧」と笑った。

  いつも厳しい言葉で?咤してくれる父が沖縄から観戦に訪れていた。伊志嶺は「いいプレゼントになった」。1週間後の父の日を思い、白い歯を見せた。

 序盤は制球が甘かった唐川は中盤以降立ち直り、7回2失点。5勝目を挙げた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年6月12日のニュース