西武 今季2度目の5連敗で借金3

[ 2011年6月12日 06:00 ]

交流戦 西武0―4阪神

(6月11日 西武D)
 西武は打線がわずか4安打で今季6度目、交流戦では初となる零敗。今季2度目の5連敗で借金3となった渡辺監督は「能見も良かったけど、うちの打線の現状を考えるとね」と貧打を嘆いた。

 06年に中継ぎで2度の対戦があるだけの能見に4回まで1安打。5回1死一、二塁では栗山、中島が簡単に凡退した。終盤は大振りが目立って好機すらつくれず。クリーンアップが計11打数無安打、4三振に抑えられた。これで1分けを含む連敗中の6試合は打線が平均1・5点。土井ヘッドコーチは「全員がオーバースイング。コンパクトにつなぐ意識を徹底したい」と課題を語った。

 ▼西武・フェルナンデス(9回に代打で出場して1000試合出場)これまでのプレーが積み重なった結果。達成感がある。

 ▼西武・石井一(先発して6回2/3を4失点で3敗目)悪いなりの投球はできた。調子がいいときばかりではないので。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年6月12日のニュース