日本ハム、ソフトバンクが興味 一躍注目 神奈川のサイドハンド右腕

[ 2011年6月12日 08:20 ]

川崎工科のプロ注目サイド右腕・青柳

神奈川大会組み合わせ抽選

 神奈川大会第3シードの川崎工科は、プロ注目のサイドハンド青柳晃洋(3年)を擁して初の甲子園を狙う。

 最速138キロながら、キレ味鋭いスライダー、2種類のシンカーが武器で中央、球界無名ながら今春県大会で16強入りし、一躍注目を集めた。

 すでに日本ハム、ソフトバンクなどプロ数球団が興味を示している。

 ◆青柳 晃洋(あおやぎ・こうよう) 1993年(平5)12月11日、神奈川県生まれの17歳。小4から野球を始め、小6から投手。小学時代にサイドスローに転向。川崎工科では1年夏からベンチ入りし、1年秋から背番号1。今春は県大会16強。1メートル81、70キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年6月12日のニュース