厳しい山崎「オールスター明けになることも覚悟しないといけない」

[ 2011年6月12日 14:15 ]

11日、中日戦の7回、空振り三振に倒れ右手を気にしながらベンチに引き揚げる楽天・山崎

 楽天の山崎武司内野手が「右環指中節骨はく離骨折」で1軍登録を抹消された。

 11日までの46試合に全て4番で先発出場し、打率2割7分8厘、7本塁打、24打点。前半戦での復帰は微妙となり「こんなときにチームに迷惑を掛けて申し訳ない。状態が悪ければ(復帰が)オールスター明けになることも覚悟しないといけない」と厳しい表情で話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年6月12日のニュース