大野が頭部負傷で交代 ハーパーのバットが…出血止まらず

[ 2011年6月12日 20:36 ]

8回横浜1死、ハーパーの空振り三振したバットが頭部を直撃、血を流して倒れ込む日本ハムの捕手大野

交流戦 日本ハム4-3横浜

(6月12日 札幌D)
 日本ハムの捕手、大野にアクシデントが起きた。8回1死から、空振り三振したハーパーの振り抜いたバットが頭部に直撃。出血が止まらず、担架で運ばれた。

 試合終了後に札幌市内の病院で精密検査を受け、右前頭部の打撲、裂傷と診断された。次戦14日の阪神戦(甲子園)の出場は、当日の様子を見て決める。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年6月12日のニュース